デビットカードで登録できるVOD(動画サービス)比較まとめ

お支払いにデビットカードを使用してVOD( 動画)を見たい方へお伝えします。

この記事では

  • VODの特徴やメリットとデメリット
  • デビットカードでVODに登録する際に必要なもの
  • デビットカードで登録できるVODの比較

についてお伝えします。

おすすめのデビットカードはこちらの記事で紹介しています!

デビットカードおすすめ 【2019年10月】おすすめのデビットカードをランキング形式で比較!

VODとは

VODはビデオ・オン・デマンドの略称で、動画配信サービスのことです。

映画やドラマ、アニメなどといったコンテンツを見ることができるだけでなく、移動中にも見やすいスマホやタブレットでも見られるサービスが主流なので、いつでもどこでも視聴することができます。

最近の動画配信サービスの代表例はU-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオなどです。

VODのメリット

場所を選ばない

ネット環境させあれば、スマホ・タブレット・PC・テレビなどでいつでもどこでも視聴ができます。ベットで寝ながら、お風呂、テレビで大画面で見れるのでお家で映画館気分にもなれて場所を選びません。

料金が安くお財布に優しい

平均¥1,000ほどの定額サービスで見放題の為、時間を気にせず好きなだけ見ることができます。
※料金については後ほど説明します。

好きな時間に自由に見れる

最近のVODではそのサービス独自の番組を持っていることがあります。
テレビと違って番組の始まる時間帯は決まっていないので好きな動画を自由な時間に見ることができます。

VODのデメリットは?

VODは作品数が膨大なので、いくら観ても観たい作品が尽きません。なのでずっと観続けてしまいます。

見放題でいつでもどこでも視聴できるVODですが、ハマりすぎると気づいたら朝になっていたりと時間を忘れてしまいます。

VODの種類と料金

VODの種類と料金については以下の通りです。

種類  料金(月額)
U-NEXT月額1,990円(税抜)
Hulu月額933円(税抜)
Netflix月額1,450円(税抜)
dTV月額500円(税抜)
dアニメストア月額400円(税抜)
Amazonプライムビデオ月額350円(税抜)
FODプレミアム月額933円(税抜)
ビデオパス月額562円(税抜)
TUTAYA TV月額400円(税抜)
ビデオマーケット月額400円(税抜)
FANZA月額400円(税抜)
ParaVi月額925円(税抜)
楽天TV基本は作品1本ごとに料金を払う都度課金制だが、一部、毎月定額制で視聴できる

※詳しくは、それぞれのサービスのサイトで確認して見てください。

PPDとは?

VODに登録する前に知っておくべき用語としてPPDというものがあります。
PPVとは、ペイ・パー・ビューの略であり、動画に料金を支払って視聴をする方法です。「PPV」のアイコンが表示されているコンテンツがPPVコンテンツです。

ご購入いただくと、コンテンツの配信期間内、かつ、視聴期限内であれば、何度でもお楽しみいただけます。

購入価格、視聴期限はVODによって異なるのでそれぞれのサイトをご確認ください。

デビットカードを公式に使えるVODは?比較表

基本的にはクレジットカードがあればどのVODでも登録可能です。
それでもデビットカードで視聴したい方は、以下の表を参考にしてください。

種類デビットカードが使える
U-NEXT×
Hulu
Netflix
dTV
dアニメストア×
Amazonプライムビデオ×
FODプレミアム×
ビデオパス×
TUTAYA TV×
ビデオマーケット×
FANZA×
ParaVi×
楽天TV

 

公式には記載がないが、登録ができるかもしれないVOD

UーNEXT
dアニメストア‥‥ など

ネット上で調べてたところ、公式にはデビットカード支払いの記載がなくても楽天デビットカードVISA・JCBデビットカードだったらできた方もいるらしいです。

よって自分で試して見るしかないですが、公式サイトにはデビットカードで支払える記載がなければ、デビットカードの支払いは基本的に不可です。

万が一のトラブルのためにも公式でデビットカード支払いができるVODに登録することをおすすめします。

デビットカードで見れるVODでどれにするか迷ったら

デビットカードで見れるVODは以下の4つでしたね。この4つで選べない方は以下の表を参考にしてみて下さい。

デビットカード可コンテンツ料金(月額)利用者どんな人にオススメ?
Hulu5万以上933円(税抜)170万人VOD初心者に一番オススメ
Netflix1万以上

800円(税抜)
1200円(税抜)
1800円(税抜)

非公表洋画メインの方にオススメ
(日本のコンテンツは少ないです)
dTV12万以上500円(税抜)400万人とにかく安さで選びたい方にオススメ
楽天TV18万以上基本は作品1本ごとに料金を払う都度課金制だが、一部、毎月定額制で視聴す非公表楽天IDが必要なので楽天会員の方やNBAが観たい方

 

デビットカードでVODを見る為の流れと準備

どのVODに登録するのかが決まれば以下の手順でVOD生活を始められます。

まずVOD視聴までのイメージはこちらです。

  1. VODサービスに会員登録
  2. 対応デバイスでログインする
  3. 動画を視聴

流れはとても簡単で、すぐに視聴可能です。

他に必要なもの

デビットカードと以下の2点があればすぐVODを楽しめます。

  • ネット回線
  • 視聴用デバイス(スマホ、パソコン、テレビなど)

必要なものがあればあとはVODに登録をするだけです。
あなたもいつでもすぐに動画がみれる、楽しいVOD生活を始めましょう!