PayPal(ペイパル)アカウントにデビットカードは登録できる?使えるカードまとめ

PayPal(ペイパル)アカウントにデビットカードは登録できる?

PayPal デビットカードと検索してくれたユーザーの皆さん、ゼロデビ編集長の由宇です。

僕はよくネットサービスを使うことが多いですが、有料コンテンツなどを買う時にPayPalでネット決済することが多いです。

これまではクレジットカードに登録してPayPalを利用していましたが、今ではデビットカードも登録して利用しています。

PayPal(ペイパル)ではデビットカード登録ができます

PayPal(ペイパル)ではデビットカード登録ができます

PayPalは、デビットカードを登録して利用することができますので安心してください!

デビットカード(VISA・JCB)が使えるので、クレジットカードが無くてもPayPal経由での決済を行うことができます。

今回の記事では

  • PayPalについての簡単な説明
  • PayPalで使えるデビットカード一覧
  • PayPalにデビットカードを登録する方法
  • PayPalでデビットカードを使う時の注意点
  • その他:PayPalを使う時の注意点

を分かりやすく紹介したいと思います。

年会費無料

口座開設は最短5日

PayPalに登録可能なカードおよび銀行口座

クレジットカードVISA・MasterCard・JCB・アメリカンエクスプレス・ディズカバー
デビットカードVISA・JCB
銀行口座みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行

PayPal(ペイパル)とは

PayPal(ペイパル)とは

PayPal(ペイパル)は、世界で2億5000万人以上が利用する「安全」で「かんたん」なオンライン決済サービスです。

クレジットカード・デビットカードまたは銀行口座を自分で作ったPayPalアカウントに登録することで、簡単にネット決済することができます。

  • 「商品が届かない」
  • 「違うものが届いた」

などの海外ECサイト購入時のトラブルが起きた際に、PayPalが提示する条件を満たすことで、保証してくれるサービスも提供しています。

デジタルコンテンツなどの無形商品も対象になるのでより安心できますね!

PayPal(ペイパル)決済を使うケースが多いサービス

  • PlayStation Store
  • Nintendo eShop
  • DMM.com
  • hulu
  • Netflix
  • Spotify
  • skype
  • Voyagin
  • asos
  • swatch+
  • YAMADA
  • airbnb
  • YouTube
  • facebook
  • STEAM
  • Microsoft

などのたくさんのWebサービス・ECサイト・アプリなどの決済に利用することができます。

日本で発売していない限定品を購入したり、海外通販(個人輸入)を行うならPayPalは必須となる決済サービスですね。

上記のサービスでデビットカードで直接利用できなかったが、PayPal経由でサービスの登録ができた!というケースも考えられますので、PayPalアカウントを作成しておいて損はないかと思います。

PayPal(ペイパル)はPayPay(ペイペイ)とは異なるサービスなので要注意

PayPal(ペイパル)はPayPay(ペイペイ)とは異なるサービスなので要注意

PayPay株式会社はキャッシュレス決済の普及を目指して、ソフトバンクとヤフーの両社によって2018年6月に設立されました。

スマホ決済サービス「PayPay」を2018年10月5日よりリリースしました。

2018年12月4日から2019年3月31日までの期間限定で、「100億円あげちゃう」キャンペーンが話題になりましたね。

ここで紹介しているPayPalとPayPayの名前は似ていますが、違うサービスなので要注意です!笑

PayPal(ペイパル)にデビットカードを登録することでどんなメリットがある?

PayPalにデビットカードを利用することで以下のメリットがあります。

  • クレジットカードなしで入金でき、かつ海外サービスのネット決済に利用できる
  • PayPalアカウントにチャージした現金を個人間で送金できる
  • トラブルがあっても「買い手保護制度」で返金できる
  • デビットカード情報や口座番号を取引先に伝える必要なく、購入できる
  • 業界最高水準のシステムで安全に利用できる
  • PayPalを経由してもデビットカードのポイント・キャッシュバックが貯まる
  • 親切丁寧なサポートを受けることができる

PayPal(ペイパル)にデビットカードを登録する方法【画像付き】

PayPalにデビットカードを登録する方法を画像付きで共有します。

とても簡単なのでデビットカードさえあればすぐに登録することができます!

paypalにデビットカードを登録する

paypalにデビットカードを登録する

paypalにデビットカードを登録する

paypalにデビットカードを登録する

paypalにデビットカードを登録する

paypalにデビットカードを登録するpaypalにデビットカードを登録する

paypalにデビットカードを登録する

PayPal(ペイパル)に登録したデビットカードを確認する方法【画像付き】

最初の手順でPayPalにデビットカードを登録することが完了しましたが、使えるようにするには不正対策のためにデビットカードを登録したユーザーの本人確認をする必要があります。

具体的なやり方はこれから共有しますので、ご確認お願いします。

【手順①】PayPalからのコード送信の承認

PayPalでデビットカードを確認する方法

PayPalでデビットカードを確認する方法

PayPalでデビットカードを確認する方法

PayPalでデビットカードを確認する方法

最初にメニューをクリックし、ウォレットに移動します。

確認したデビットカードをクリックします。

次のページでカードの確認をクリックします

次のページでコードを取得をクリックします。

【手順②】カード利用明細で請求とコードを確認

PayPalの本人確認では仮請求を行い、利用明細に表示される数字を入力する必要があります。

※仮請求は全て返金されます。

PayPalコードは、デビットカード利用明細の200円の請求金額の横に表示されます。

たとえば、デビットカード利用明細に「PayPal1234DEBIT」「PP1234DEBIT」と表示されている場合、入力するコードは「1234」になります。

PayPalコードがオンラインのカード利用明細に表示されるまで2~4営業日かかるので、気長に待ちましょう。

デビットカードでのオンライン利用明細をご利用されていない場合は、郵送されるデビットカードの利用明細にてコードを確認できます。

期限などの制限は設けられてないので、郵送でも安心してコード入力することができます。

【メモ】

コードを2回リクエストした場合、もう一度請求があり、別の4桁のコードが送信されます。カードの確認には、最後に受け取ったコードを使用してください。

【手順③】コードの入力によるカードの確認

オンライン明細・郵送での明細が確認できたら、4桁のPayPalコードを用意お願いします。

最初にウォレットページに移動します。

確認が求められているデビットカードをクリックします。

カードの確認をクリックします。

4桁のコードを入力し、確認をクリックします。

【手順④】返金

カードの確認が完了すると、すべての請求が返金されます。

デビットカードの利用明細で返金されていることを確認しましょう。

PayPal(ペイパル)に登録できるデビットカードまとめ

PayPal(ペイパル)に登録できるデビットカードまとめ

PayPalにはVISA・JCBのデビットカードを登録することができますので、これから紹介するデビットカードを主に利用することができます。

※数が多すぎるので一部のデビットカードを紹介しています。

VISAデビットカード

楽天銀行デビットカード

JNB Visaデビット(ジャパンネット銀行)

住信SBIネット銀行Visaデビットカード

SMBCデビット(三井住友銀行)

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカード

りそなVisaデビットカード

道銀Visaデビット(北海道銀行)

ほくぎんデビット(北陸銀行)

北國Visaデビットカード

ふくぎんVisaデビットカード(福井銀行)

JOYO CARD Debit(常陽銀行)

SURUGA Visaデビットカード(スルガ銀行)

愛銀Visaデビットカード(愛知銀行)

池田泉州デビット

しがぎんVisaデビットカード(滋賀銀行)

NCBデビット(西日本シティ銀行)

りゅうぎんVisaデビットカード(琉球銀行)

あおぞらキャッシュカード・プラス

イオン銀行デビットカード

Sony Bank WALLET(ソニー銀行)

※他、複数のVISA対応のデビットカードで登録することができます。

JCBデビットカード

みずほJCBデビット

セブン銀行のデビットカード

イオン銀行キャッシュ+デビット(JCBデビットカード)

楽天銀行JCBデビット

北洋-JCBデビット

じゅうろくJCBデビット(十六銀行)

めいぎんJCBデビット(名古屋銀行)

OKBデビット(大垣共立銀行)

ほくぎんデビット(北陸銀行)

京銀JCBデビット

池田泉州デビット

紀陽JCBデビットカード

ワイエムデビットJCBカード(山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行)

ひめぎんJCBデビット(愛媛銀行)

NCBデビット(西日本シティ銀行)

Debit+(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)

おきぎんJCBデビットカード(沖縄銀行)

OnlyOneデビット(秋田銀行)

77JCBデビット(七十七銀行)

東邦Alwaysデビットカード<JCB>

ちばぎんスーパーカード<デビット>

※他、複数のJCB対応のデビットカードで登録することができます。

ジャパンネット銀行の「JNB Visaデビット」では一部利用できないケースがあるので注意

「JNB Visaデビット」に関しては一部決済で利用できないケースが報告されています。

※どのサービスで決済できないのかは調査していますので、分かり次第この記事に追記します。

ジャパンネット銀行のお問い合わせページに下記の質問と回答がありました。

参考として掲載しますので、ご確認よろしくおねがいします。

PayPal(ペイパル)の一部の決済で、ご利用いただけないケースがあるようです。 その場合は、他の決済手段(クレジットカード等)をご利用くださいますようお願いいたします。

年会費無料

口座開設は最短5日

【その他】PayPal(ペイパル)を使う時の注意点

【その他】PayPal(ペイパル)を使う時の注意点

PayPalを使う時の注意点は下記の内容になります。

  • 分割払い(分割決済)を利用できない
  • 国ごとに為替手数料がかかる場合がある
  • 【事業者向け】出金時の制限がある

PayPalでデビットカードを使う時の注意点は銀行の残高にお金を用意しておくぐらいですね。

また事業者に対しては細かい制約があるので公式サイトでの確認をお願いします。

【まとめ】PayPalにデビットカードを登録して楽しい電子決済ライフを送ってください!

PayPalとデビットカードに関して説明してきましたが、気になることは解決できましたでしょうか?

PayPalにVISAやJCBのデビットカードを登録することでPayPal対応している日本や海外サービスの決済に使うことができるので、是非アカウント登録してみてください!