ANAでデビットカードは使える?使えない?支払い方法まとめ

ANAの支払い方法
クレジットカードVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners Club
デビットカードVISAMasterCard
コンビニ⭕ 使える
銀行振込⭕ 使える
その他の支払い方法ANA SKY コインPay-easy(ペイジー)
公式HP【公式サイト】ANA

全日空ANAの航空券購入サイトである「ANA」の利用を検討しているが、クレジットカードを持っていないので「ANAでデビットカードやそれ以外の支払い方法がないか」をネットで調べている方が多いかと思います。

この記事を読んで分かること
  • ANAでデビットカードが使えるのか知りたい
  • ANAの支払いに使えるデビットカードについて知りたい
  • ANAの支払い方法を知りたい

そこで今回の記事では「ANA × デビットカード × 支払い方法」について解説します。

ANAでデビットカードを使って航空券を購入するなら最短5日でカードが自宅に届く、PayPay銀行のVisaデビットカードが有力です!

\ 口座開設費・年会費無料 /

最短5日で自宅にカード到着

ANAでデビットカードは使えます

航空券購入サイト「ANA」ではデビットカードを支払いに使うことができます。

公式サイトにも、

※デビットカードはVISAおよびMastercardのロゴがついたもののみご利用いただけます。

お支払い方法(国内線)

という記載があるようにVISA、Mastercardのデビットカードは支払いに利用できます。

ANAの支払い方法

ANAの支払い方法は以下の通りです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • コンビニ
  • その他の支払い方法

それぞれの支払い方法の詳細について見ていきましょう。

クレジットカード

ANAの支払いで使えるクレジットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • American Express
  • 上記の提携会社が発行するクレジットカード

ANAでは上記の会社発行のクレジットカードが利用できます。

5大国際カードブランドが利用できるので、普段利用しているクレジットカードも利用できてとても便利ですね。

VISAやMastercard、JCBは全国で利用できる店舗も多く、持っておくとおすすめのクレジットカードとなっています。

デビットカード

ANAの支払いで2022年6月時点で使えるデビットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard

ANAでは、上記のデビットカードブランドを支払いに使うことできます。

しかし、ANAの支払いに使えるデビットカードは限られています。

では、どのデビットカードが使えるのか次の章でお伝えしたいと思います。

ANAの支払いで使えるデビットカード

ANAの支払いで使えるデビットカードは以下の通りです。

コンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ヤマザキデイリーストア
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

ANAでは上記のコンビニでの支払いが可能となっています。

最寄りのコンビニや全国のコンビニに対応しているので、とても安心で便利ですね。

なお、コンビニでの支払上限は30万円までとなっているので注意してください。

その他の支払い方法

  • 銀行振込
  • Pay-easy(ペイジー)
  • ANA SKY コイン

ANAでは上記の支払い方法も利用が可能となっています。

銀行振込だと現金を用意する手間なくそのまま振り込めるのでとても便利ですね。

ANA SKY コインはマイルをANA SKY コインに交換して支払いが可能です。クレジットカードとの併用も可能となっています。

ANAでデビットカード支払いする流れ

ANAの航空券購入の流れは以下の通りです。

ANAで航空券を購入する流れ
  1. ANAの公式サイトへアクセスし、利用したい航空券を検索する
  2. 便を選択し、確認画面へ進む
  3. 登場者情報、連絡先情報を入力する
  4. 規約に同意し、「予約する」をクリックする
  5. 「購入手続きへ」をクリックする
  6. 支払い方法を選択し、カード情報を入力する
  7. 「購入する」をクリックする

デビットカードを使っての申し込みの流れについて見てきましたが、デビットカードやクレジットカードがない場合のANAの支払い方法についてお伝えします。

デビットカードやクレジットカードを持っていない場合

  • コンビニ払い
  • ネット振込
  • 銀行振込
  • Pay-easy

ANAでは、デビットカードやクレジットカードを持っていない方には上記の支払い方法があります。

コンビニ払いでは現金のみ、ネット振込やPay-easyだとネットバンクを利用することが可能です。

銀行振込の場合だと現金を用意する手間も省けるのでとても便利ですね。

ANAはどんな航空券購入サイトなのか

ANAは全日空ANAが運営している航空券予約サイトです。

ANAの国内線はもちろん、国際線、国内ツアーや海外ツアーの予約も可能となっています。

航空券以外にも、ホテルやレンタカー、遊びや体験などのレジャーの予約もできるので、一つのサイトで旅行のすべてを網羅できます。

運営会社について

ANAの運営会社は「ANAホールディングス」です。

ANAホールディングスでは全日本空輸(ANA)を中心とする企業やANAグループを統括している会社となります。

現在では定期航空運送事業を主に、航空輸送事業、旅行事業、商社事業など様々な事業も展開しています。

ANAのデビットカード利用でよくある質問

Q1.家族の航空券を予約・購入が可能でしょうか

はい。可能となっています。

搭乗者情報の欄にご自身の名前がある場合は、利用する方の名前を入力し直してください。

Q2.クレジットカードで購入後払い戻した場合、返金はいつ頃になりますか

利用状況によりタイミングが異なりますが、目安として、返金まで1~2カ月程度かかります。

詳細は各カード会社にお問い合わせください。

Q3.「ANA SKY コイン」とは何ですか

ANA SKY コインは、ANAウェブサイトで航空券や旅行商品の支払い時に10コイン単位(10円分相当)で利用できる電子クーポンです。

Q4.搭乗者と異なる名義で銀行振込を行うことはできますか。

はい。搭乗者以外の方の名義でも可能となっています。

Q5.登録済みクレジットカードの有効期限が切れた場合、どうすればいいですか。

予めマイメニューから新しいカード情報を登録する、もしくは購入時に新しいクレジットカード情報を入力することが可能です。

ANAのデビットカード支払いに関するまとめ

ここまでANAのデビットカードの支払い方法などについて紹介しました。

記事内容をまとめると下記の通りとなります。

この記事のまとめ
  • ANAではVISA・Mastercardの記載があるデビットカードが利用できる
  • ANAではクレジットカード、デビットカードがない場合でも利用できる
  • ANAでは航空券の他にもホテルやレンタカーなども予約できる