hi-hoひかりでデビットカードは使える?使えない?支払い方法まとめ

hi-ho ひかりの支払い方法
クレジットカードVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners Club
デビットカード❌ 使えない
口座振替❌ 使えない
その他の支払い方法tabalまるごと決済
公式HP【公式サイト】hi-ho ひかり

光アクセス回線とプロバイダサービスをパッケージ化した「hi-hoひかり」の新規契約を検討しているが、クレジットカードを持っていないので「hi-hoひかりでデビットカードやそれ以外の支払い方法がないか」調べている方が多いかと思います。

この記事を読んで分かること
  • hi-hoひかりでデビットカードが使えるのか知りたい
  • hi-hoひかりの支払い方法を知りたい
  • hi-hoひかりの料金プランを知りたい

そこで今回の記事では「hi-hoひかり × デビットカード × 支払い方法」について解説します。

高額キャッシュバック&回線が安定しやすいおすすめ光回線
光回線名詳細情報
ドコモ光ドコモ光

【平均下り回線】277Mbps

【平均上り回線】234Mbps

最大85,000円のキャッシュバック

公式サイト:ドコモ光の最新キャンペーン情報を確認する

auひかりauひかり

【平均下り回線】470Mbps

【平均上り回線】442Mbps

最大110,000円のキャッシュバック

公式サイト:auひかりの最新キャンペーン情報を確認する

ソフトバンク光ソフトバンク光

【平均下り回線】325Mbps

【平均上り回線】253Mbps

最大40,000円のキャッシュバック

公式サイト:ソフトバンク光の最新キャンペーン情報を確認する

とくとくBB光とくとくBB

【平均下り回線】297Mbps

【平均上り回線】267Mbps

最大35,000円のキャッシュバック

公式サイト:とくとくBB光の最新キャンペーン情報を確認する

nuro光nuro光

【平均下り回線】552Mbps

【平均上り回線】497Mbps

最大45,000円のキャッシュバック

公式サイト:nuro光の最新キャンペーン情報を確認する

※2024年3月時点のみんなのネット回線速度より平均速度を算出

hi-hoひかりでデビットカードは使えません

光回線「hi-hoひかり」ではデビットカードを支払いに使うことができません。

公式サイトにも

※クレジットカード機能のないカード、デビットカードはご利用いただけません。

Q-8. 【クレジットカードでのお支払い】支払いに利用できるクレジットカードは何ですか

という記載があるように、hi-hoひかりではデビットカードは支払いに利用できません。

このようにhi-hoひかりではデビットカードが支払いに使えないため、今回の記事ではデビットカード以外の支払い方法についてお伝えします。

デビットカードが使える格安SIM業者一覧

2024年3月時点で、デビットカードでの支払いができる格安SIMは以下の通りです。

サイト名デビットカード対応状況
J:COM MOBILEjcom

・一部デビットカードでの支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

ワイモバイルワイモバイル

・一部デビットカードでの支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

mineo mineo

・一部デビットカードでの支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

楽天モバイル 楽天モバイル

・指定デビットカード(楽天デビットカードやスルガ銀行デビットカード等)での支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

ロケットモバイル ロケットモバイル

・一部デビットカードでの支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

UQ mobile uqmobile

・一部デビットカードでの支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

OCN モバイル ONE ocnモバイル

・一部デビットカードでの支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

DTI SIM dti-sim

・一部デビットカードでの支払い可能(契約の流れはこちら

参考リンク:公式サイト

※2024年3月時点での対応状況

デビットカードが使える格安SIMについては、【デビットカードが使える格安SIMまとめ】にて詳しく解説しています。

hi-hoひかりの支払い方法

hi-hoひかりの月額利用料金の支払い方法は以下の通りです。

  • クレジットカード
  • tabalまるごと決済

それぞれの支払い方法の詳細について見ていきましょう。

クレジットカード

hi-hoひかりで使えるクレジットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • American Express
  • 上記の提携会社が発行するクレジットカード

hi-hoひかりでは上記の会社発行のクレジットカードが利用できます。

5大国際カードブランドが利用できるので、普段利用しているクレジットカードも利用できてとても便利ですね。

なお家族名義や、法人名義などのクレジットカードは利用できないので注意してください。

hi-hoひかりの支払いで1番お得なクレジットカードは?

hi-hoひかりは以前まで「NTTグループカード」を利用するとお得に支払うことが可能でしたが、2023年7月をもってNTTグループカードはサービスを終了します。

そしてNTTカードグループの新規受付も終了してしまっているため、現時点でhi-hoひかりでお得になるというカードは特に無いので、好きなクレジットカードを利用しましょう。

tabalまるごと決済

tabalまるごと決済は、NTT東日本・NTT西日本・NTTドコモいずれかの電話料金と合わせて支払うことの出来る決済方法となっています。

こちらの決済方法を使うにあたって手数料なども不要なので、もNTTと契約している方にはとても便利な決済方法ですね。

クレジットカードを持っていない場合

  • tabalまるごと決済

クレジットカードを持っていない方は、上記の決済方法を使って決済することが可能となっています。

tabalの支払い方法は、合算先のNTT東日本・NTT西日本・NTTドコモの電話料金のと同じ支払い方法を利用できます。

NTTではクレジットカードの他にも、請求書・口座振替などを利用できるのでとても便利ですね。

ここまでhi-hoひかりの支払い方法について見てきましたが、次にhi-hoひかりのプランや月額料金について見ていきましょう。

hi-hoひかりのプランや月額料金一覧

hi-hoひかりの月額支払い料金は以下の通りです。

月額基本料

マンションコース4,125円(税込み)
ファミリーコース5,445円(税込み)

基本工事料

区分工事種別料金分割の場合(税込)
工事担当者がお伺いする場合戸建向け)屋内配線を新設する場合19,800円(税込み)660円×30回
戸建向け)屋内配線を新設しない場合8,360円(税込み)278円×29回
295円×1回(最終月)
集合向け)VDSL方式の場合16,500円(税込み)550円×30回
集合向け)ひかり配線方式 屋内配線を新設する場合16,500円(税込み)550円×30回
集合向け)ひかり配線方式 屋内配線を新設しない場合8,360円(税込み)278円×29回
295円×1回(最終月)
集合向け)LAN配線方式の場合8,360円(税込み)300円×29回
320円×1回(最終月)
工事担当者がお伺いしない場合戸建向け)無派遣工事の場合2,200円(税込み)分割対象外
集合向け)無派遣工事の場合2,200円(税込み)分割対象外

キャッシュバックキャンペーンの有無

現在hi-hoひかりではキャッシュバックなどのキャンペーンは開催されていないようです。

ここまでhi-hoひかりの料金・プランについて見てきましたが、次にhi-hoひかりの契約の流れについて見ていきましょう。

hi-hoひかりの光回線契約の流れ

hi-hoひかりの光回線契約の流れは以下の通りです。

hi-hoひかりの光回線契約の流れ
  1. hi-hoひかりのサイトへアクセスし「お申し込みはこちら」をクリックする
  2. 現在の回線状況、住居タイプ、プラン、オプションなどを選択する
  3. 契約者情報を入力する
  4. 決済情報を入力する
  5. 各規約に同意する
  6. 申込完了

hi-hoひかりでは、上記のように簡単に申し込みすることが可能となっています。

特に難しい操作もなく、会員登録なども不要なのでとてもありがたいですね。

事前にクレジットカードを準備しておくと、スムーズに手続きすることが可能です。

次にhi-hoひかりの概要について見ていきましょう。

hi-hoひかりはどんな光回線なのか

hi-hoひかりは、光アクセス回線とプロバイダサービスをパッケージ化した新しいサービスです。

すでにフレッツ光を利用している方は、転用手続きをするだけで回線品質はそのまま料金をお得にすることが可能。

種類豊富なオプション設定で、快適に光回線生活を過ごすことも可能となっています。

運営会社について

hi-hoひかりの運営会社は「株式会社hi-ho」です。

株式会社hi-hoは、1995年に松下電器産業(現パナソニック(株))が商用インターネットサービスとして「Panasonic hi-ho」を開始したのが始まり。

2007年にはパナソニックネットワークサービシズがハイホーを設立し、インターネットイニシアティブが全株式を取得し子会社としました。

回線速度について

hi-hoひかりの回線速度の参考値は、以下の通りです。

  • 下り回線(平均ダウンロード速度):349.81Mbps
  • 上り回線(平均アップロード速度):287.26Mbps

ここまでhi-hoひかりの概要について見てきましたが、次にhi-hoひかりの利用でよくある質問についてお伝えします。

hi-hoひかりの利用でよくある質問

Q1.家族名義のクレジットカードで支払いをすることはできますか

いいえ。家族名義のクレジットカードは利用できません。

hi-hoひかりでは契約者本人名義のみのクレジットカードが利用できます。

Q2.支払い方法を変更したい

支払いに利用しているクレジットカードを変更したい場合には、「My サポート」にログインして「登録情報の確認・変更」からカード情報の変更を開いて、変更してください。

Q3.支払いできなかった場合はどうなりますか?

何らかの不具合で登録しているクレジットカードから決済できなかった場合は、hi-hoから請求書(コンビニ払込票)を発行される場合があります。

支払い期日までに支払わなかった場合や、所定の手続きをしなかった場合は、hi-ho指定期日をもってサービスの停止または会員資格を取り消し(退会)となる場合もあります。

Q4.利用料金の請求のタイミングはいつですか?

hi-hoひかりでは、1ヶ月分の利用料金を毎月月末に締め、翌月に請求しています。

月末で締めた利用料金は、利用月の翌月に指定の支払い方法に請求となるので、利用しているクレジットカードによって引き落としのタイミングも異なります。

Q5.退会後の請求はいつまで続きますか?

退会した月の利用分まで請求は続きます。

そのため、退会月の利用分が最後の請求となりますが、登録のお支払い方法によって、実際の利用月と請求月が異なります。

hi-hoひかりの支払いに関するまとめ

ここまでhi-hoひかりの支払い方法などについて紹介しました。

記事内容をまとめると下記の通りとなります。

この記事のまとめ
  • hi-hoひかりの支払いでデビットカードは利用できない
  • hi-hoひかりでは契約者本人名義のクレジットカードのみが利用できる
  • hi-hoひかりではNTTとの合算決済も可能