デビットカード利用でクレヒスは蓄積されません

デビットカード クレヒス

ゼロデビ編集長 由宇

デビットカードの継続利用でクレヒス(クレジットヒステリー)は作れないです!   

その利用を今回の記事で紹介したいと思います。

クレヒス(クレジットヒステリー)について

クレヒス(クレジットヒステリー)について

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、クレジットカードやローンの契約時の個人情報や、取引履歴を指します。

これらの個人情報はたとえ小さな取引内容であっても、クレジットカード会社が加盟する信用情報機関(JICC)に集められ、すべてのクレジットカード会社にクレヒスが共有されます。

自分のクレヒスは

  • スマホ
  • 郵送
  • 窓口

の手段で確認することができます。1,000円前後で自分のクレヒス(信用情報)を確認することができますので、気になる方は申込みしてみてください。

https://www.jicc.co.jp/

クレジットカードが作れない(審査に落ちる)理由

クレジットカードの審査に落ちる理由としては以下の3つが考えられます。自分が該当しているか確認してみてください。

  • 信用情報機関(JICC)にクレジットカードやローンの支払い履歴が一切ない
  • 信用情報機関(JICC)に登録されている内容に事故情報(ブラックリスト)が記録されている(※支払いの遅延など)
  • 申し込みしたクレジットカードの審査基準を満たしていない(※年収・勤続年数・持ち家の有無など)

クレヒスを積む方法

クレヒスを積むには以下の方法しかないと思います。

  • 毎月クレジットカードを使って無理しない範囲で買い物をする
  • 絶対にクレジットカード利用料金の支払いを遅らせない

この2点を守るだけで、クレヒスは徐々に作ることができます。

デビットカードとクレヒスに関するQ&A

デビットカードとクレヒスに関するQ&A

デビットカードとクレヒスに関するQ&Aがありましたので、紹介させていただきました。

デビットカードを解約したらクレヒスがつきますか?

A. デビットカードを解約してもネガティブなクレヒスがつくことはありません。

残高不足でデビットカード支払いができないとクレヒスがつきますか?

A. デビットカードで支払っているサービスで残高不足になっている状態が続くと、サービスによっては信用情報機関(JICC)に登録されるケースもあるようです。

例えばLINE Mobileなどはデビットカードで支払うことはできますが、支払うことができないとサービスアカウントの削除・LINE Mobileの顧客情報に事故アカウントと記載される可能性は高そうです。

大手デビットカードを利用したらクレヒスは作れますか?

  • 楽天銀行デビットカード(VISA・JCB)
  • スルガ銀行デビットカード
  • ジャパンネット銀行デビットカード(VISA)

などの大手デビットカードを利用しても、クレヒスが蓄積されることはありません。

クレヒスはあくまでクレジットカードの利用状況・遅延がない等のポイントから蓄積されます。

デビットカード無料発行時にクレヒスは関係ない

デビットカード無料発行時にクレヒスは関係ない

また過去にクレジットカードで支払い遅延をしてしまい、信用情報機関に利用状況が登録され、この情報に延滞や債務整理など「金融事故(一般的にいうブラックリスト状態)」の情報が登録されるている方でもデビットカードを発行することができます。

デビットカードは年会費無料・発行無料が多いので、自分の好きなブランドのカードを発行することができます。

クレヒスでブラックリスト入りをすると、5 – 10年間の間、クレジットカードの審査が「通りにくい」なることがあります。

デビットカードを使えばクレジットカードがなくてもネットショッピングを楽しむことが可能です。

クレジットカードが作れない方におすすめのデビットカード3選

信用情報機関(JICC)にブラックリスト登録されていて、クレジットカードが作れない方におすすめのデビットカードを紹介します。

ポイント還元率がクレジットカードと大きく変わらないデビットカードですので、まずはお気軽に無料発行してみてください!