オリンピック(Olympic)の支払い方法

オリンピックの支払い方法
QRコード決済・個人間送金アプリ PayPay(ペイペイ)
電子マネー 使えない
交通系電子マネー 使えない
クレジットカード VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners Club
デビットカード VISAMasterCardJCB
プリペイドカード VANDLE CARD[バンドルカード] aupay  ソフトバンクカード LINE Pay Kyash(キャッシュ)  dカード プリペイド
NFC決済 使えない
商品券・ギフトカード CGCグループ共通商品券、VISA・JCB・MasterCard等の各種ギフトカード
ポイントカード OSCカード
公式HP 【公式サイト】オリンピック

オリンピックで使えるQRコード決済アプリ

オリンピックで使えるQRコード決済アプリは以下の通りです。

  • PayPay

現在オリンピックではQRコード決済はPayPayのみの支払いが可能です。

PayPayは加盟店舗も多く、チャージ方法もATM入金や銀行口座から、クレジットカードからなど様々な手段があるので多くの方に利用されている決済なのでおすすめの決済方法の一つです。

オリンピックで使える電子マネー

現在オリンピックでは電子マネー決済は利用できません。

オリンピックで使える交通系電子マネー

現在オリンピックでは交通系電子マネーは利用できません。

オリンピックで使えるクレジットカード

オリンピックで使えるクレジットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express(AMEX)
  • Diners Club

オリンピックでは上記のように様々なクレジットカードが利用できます。

VISA・MasterCard・JCBのクレジットカードだと利用できる店舗も多く、ぜひ持っておくと便利なカードの一枚です。

オリンピックで使えるデビットカード

オリンピックで使えるデビットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

現在オリンピックではクレジットカード同様、様々なデビットカードが利用できます。

デビットカードは未成年の方でも簡単に発行することができ、使いすぎの心配もないので安心して利用できる決済方法です。

オリンピックで使えるプリペイドカード

オリンピックで使えるプリペイドカードは以下の通りです。

  • バンドルカード
  • Kyash
  • LINE Payカード
  • SoftBankプリペイドカード
  • auWALLETプリペイドカード
  • d CARD PREPAID

オリンピックではSoftBankプリペイド、au WALLETプリペイドカード、d CARD PREPAIDなどのキャリアプリペイドカードが利用できます。

キャリアプリペイドカードだと支払いを携帯料金と一緒に支払うことができ便利なのでおすすめの決済方法です。

オリンピックで使えるポイントカード

オリンピックで使えるポイントカードは以下の通りです。

  • OSCカード

OSCカードはオリンピックのクレジットカードで、初年度年会費無料(次年目以降1250円(税別))になります。

OSCカードを使ってオリンピックグループで買い物すると、200円ごとに2ポイント貯めることができ、500ポイント貯まると500円分のお買い物券が発行されます。

オリンピックで使える商品券・ギフトカード

オリンピックで使えるギフトカードは以下の通りです。

  • CGCグループ共通商品券
  • VISA・JCB・MasterCard等の各種ギフトカード

オリンピックでは上記のようにクレジット会社のギフトカードも利用できるので、もし使わずに眠っているギフトカードがあるかたは是非利用してみてください。

オリンピックのキャッシュレス評価

オリンピックのキャッシュレス評価
QRコード決済
(3.0)
電子マネー
(1.0)
交通系電子マネー
(1.0)
クレジットカード
(5.0)
デビットカード
(5.0)
プリペイドカード
(5.0)
ポイント
(2.0)

オリンピックではカード系のキャッシュレス決済が多数利用できます。

まだQRコード決済はPayPayのみだったり、ICカード払いに対応していないのでこれから使えるようになるのが期待できます。

オリンピックのチラシ情報

オリンピックのセール情報が分かるチラシアプリは、「シュフー」「トクバイ」です。

普段利用しているチラシアプリでチェックできるのでとても便利で助かりますね。

それぞれのサイトについては、以下URLから確認することができます。

オリンピックの営業時間

オリンピックの営業時間は店舗にもよりますが9:00〜22:00の間で営業している店舗が多いようです。

なかには23時まで営業の店舗もあり、遅い時間まで営業してくれていると安心ですよね。

お近くのオリンピックの営業時間は下記リンクからご覧下さい。

オリンピックの営業時間

オリンピックの店舗数

オリンピックは関東地方に170店舗あります(グループ店含)

お近くのオリンピックの店舗は下記リンクからご覧下さい。

オリンピックの店舗検索

オリンピックの特徴について

オリンピックは関東地方にを中心に首都圏に多く店舗展開しているスーパーマーケットチェーン店です。

オリンピックはスーパーマーケットだけでなく、専門店やディスカウントストアの小売業を展開しています。

ですのでさまざまな店舗スタイルと独自の品揃えで、お客様に「よい品をより安く」を実現できているそんなお店です。

オリンピックの創業者

オリンピックの創業者は金澤富夫さんです。

金澤富夫さんは1962年に創立。同年、第1号店となる店舗を立川にオープンされました。

1990年からオリンピックの特徴である、ハイパーマーケット業態を始め、2013年には総合ディスカウント、ディスカウントストア、スーパーマーケット、専門店(ホームセンター等)の4つに分け現在に至ります。

オリンピックのおすすめ商品

生食パン

まずおすすめする商品はオリンピックパン工房の「生食パン」です。

卵未使用なので卵アレルギーの方でも食べれる食パンです。

もちもちにしっとりふんわりとした食感を楽しむことができ、ちょっと贅沢な生食パンです。

https://twitter.com/olympic_osc/status/1275962526090407943?s=20

日替わり弁当

次のおすすめする商品はオリンピック名物日替わり弁当です。

毎日同じレパートリーだと少し飽きてしまう方もいるかもしれませんが、オリンピックのお弁当は種類豊富!日替わり弁当です。

写真のお弁当は木曜日の「まんぷく幕の内弁当」と「豚バラ生姜焼き丼」です。

今日は何があるかな、とワクワクするのも素敵ですよね。

日替わり弁当

オリンピックの支払い方法に関するまとめ

ここまでオリンピックの支払い方法などについて紹介しました。

記事内容をまとめると下記の通りとなります。

この記事のまとめ

  • オリンピックでは、QRコード決済アプリやクレジットカードを使うことができる
  • OSCカードのポイントを貯めることができる