阪急オアシスの支払い方法

阪急オアシスの支払い方法
QRコード決済・個人間送金アプリLINE PayPayPay(ペイペイ)楽天ペイ
電子マネー楽天Edy iD QUICPaylitta(リッタ)
交通系電子マネーSuica  PASMO  manaca sugoca  TOICA nimoca KitacaIcocaはやかけん
クレジットカードVISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners Club  Diners Club
デビットカードVISAMasterCardJCB
プリペイドカード

VANDLE CARD[バンドルカード] aupay  ソフトバンクカード

LINE Pay Kyash(キャッシュ)  dカード プリペイド

NFC決済

Visaのタッチ決済 / Mastercardコンタクトレス / JCB Contactless / American Express Contactless

※店舗によりますが上記の支払い方法が可能です

商品券・ギフトカード全国百貨店共通商品権、阪急百貨店商品券、阪神百貨店商品券、JCBギフトカード、VISAギフトカード等
ポイントカード阪急オアシスメンバーズカード
公式HP【公式サイト】阪急オアシス

阪急オアシスで使えるQRコード決済アプリ

阪急オアシスで使えるQRコード決済アプリは以下の通りです。

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ

阪急オアシスでは上記のQRコード決済が利用できます。

LINEPayだとLINEのアカウントがあれば誰でも利用することができ、チャージ方法も簡単なので是非オススメの決済方法の一つです。

阪急オアシスで使える電子マネー

阪急オアシスで使える電子マネーは以下の通りです。

  • 楽天Edy
  • iD
  • litta(リッタ)
  • QUICPay

阪急オアシスでは上記の電子マネーが利用できます。

阪急グループのlittaやほかの人気電子マネーも利用できるのでとても便利で助かります。

阪急オアシスで使える交通系電子マネー

阪急オアシスで使える交通系電子マネーは以下の通りです。

  • Suica
  • PASMO
  • manaca
  • SUGOCA
  • TOICA
  • nimoca
  • Kitaca
  • ICOCA
  • はやかけん

阪急オアシスでは上記のように全国の交通系電子マネーが利用できます。

阪急路線沿いの近くに店舗があることの多い阪急オアシスだと、県外の方などが買い物する際でも普段利用している交通系電子マネーが利用できるのでとても便利です。

阪急オアシスで使えるクレジットカード

阪急オアシスで使えるクレジットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express(AMEX)
  • Diners Club
  • 銀聯

阪急オアシスでは上記のようにおおよそのクレジットカードが利用できます。

その中でもおすすめはVISAのクレジットカードです。

VISA発行のクレジットカードは全国に加盟店舗も多く、いろいろな場所で活用できるので持っておくと便利なカードの1枚です。

阪急オアシスで使えるデビットカード

阪急オアシスで使えるデビットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

阪急オアシスではクレジットカード同様おおよそのデビットカードが利用することが可能です。

デビットカードは未成年の方でも簡単に発行することができるのでとても便利なカード。

またデビットカードの場合、口座からの即時引き落としなので使いすぎの心配もなく、安心して決済することができます。

阪急オアシスで使えるプリペイドカード

阪急オアシスで使えるプリペイドカードは以下の通りです。

  • バンドルカード
  • Kyash
  • LINE Payカード
  • SoftBankプリペイド
  • au WALLETプリペイドカード
  • d CARDPREPAID

阪急オアシスでは上記のように様々なプリペイドカード決済が可能です。

LINE Payカードなら誰でも簡単に発行することができ、チャージ方法も銀行口座から引き落とし、コンビニからなど簡単にすることができるのでおすすめの決済方法の一つです。

阪急オアシスで使えるポイントカード

阪急オアシスで使えるポイントカードは以下の通りです。

  • 阪急オアシスメンバーズカード

阪急オアシスカードは電子マネーのlittaが付帯しており、200円で1ポイントを貯めることができるポイントカードになっています。

littaではなく、楽天edyが付帯した阪急オアシスカードもありますので自分に合わせて発行できるので便利ですよね。

阪急オアシスでお得なポイント情報について

阪急オアシスでは毎週水曜日にクラブ・エフカードに付帯している電子マネーで決済するとポイントが3倍になります!

また、それぞれの曜日に色々なジャンルの商品のポイントが何倍にもなるキャンペーンもしてるのでぜひ要チェックです。

イベント開催日は月によって変わるので下記リンクからご覧ください。

https://www.hankyu-oasis.com/goodvalue

阪急オアシスで使えるクーポン・アプリ

阪急オアシスで使えるアプリは、「阪急OASISアプリ」です。

こちらのアプリでは店舗情報はもちろん、お気に入り店舗の登録やチラシをチェックすることが可能です。

またアプリ限定のお得なクーポンの配布もあります。

そしてこのアプリからレシピを見ることもでき、献立に悩んだ時にも役立つアプリになっています。

 

阪急オアシスアプリ

阪急オアシスアプリ

株式会社 阪急オアシス無料posted withアプリーチ

 

阪急オアシスで使える商品券・ギフトカード

阪急オアシスで使えるギフトカードは以下のとおりです。

  • 全国百貨店共通商品券
  • 阪急百貨店商品券
  • 阪神百貨店商品券
  • JCBギフトカード
  • VISAギフトカード等

阪急オアシスでは上記のように様々な商品券が利用できます。

また阪急阪神百貨店の商品券が使えるのでとても便利です。

阪急オアシスのキャッシュレス評価

阪急オアシスのキャッシュレス評価
QRコード決済
(4.0)
電子マネー
(4.0)
交通系電子マネー
(5.0)
クレジットカード
(5.0)
デビットカード
(5.0)
プリペイドカード
(5.0)
ポイント
(3.0)

阪急オアシスでは様々なキャッシュレス決済が利用でき、汎用性の高いものが多く利用できるのでとても便利です。

そして阪急オアシスカードだといろいろなキャンペーンが開催されているので、ポイントを効率よくお得に貯めることができるのでぜひたくさん貯めてくださいね。

阪急オアシスのチラシ情報

阪急オアシスのセール情報が分かるチラシアプリは、「シュフー or トクバイ」です。

阪急オアシスでは普段利用しているチラシアプリでチラシをチェックすることができるのでとても便利ですね。

それぞれのサイトについては、以下URLから確認することができます。

阪急オアシスの営業時間

阪急オアシスの営業時間は店舗にもよりますが、9:30~22:00の間で営業している店舗が多いようです。

お近くの阪急オアシスの営業時間は下記リンクからご覧ください。

阪急オアシスの営業時間

阪急オアシスの店舗数

阪急オアシスは関西を中心に大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県の2府2県に78店舗あります。

お近くの阪急オアシスの店舗検索は下記リンクからご覧ください。

阪急オアシスの店舗検索

阪急オアシスの特徴について

阪急オアシスは大阪府に本社を置き、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県の2府2県に店舗展開しているスーパーマーケットチェーン店です。

阪急阪神東宝グループのお店で、名前の通り阪急路線沿いを中心に店舗を置いています。

店内は清潔感がありガヤガヤした雰囲気を出さず、落ち着いて買い物をすることができます。

またプライベートブランドも展開されており、多くのお客様から愛されるお店になっています。

阪急オアシスの創業者

阪急オアシスの創業者は千野和利さんです。

千野和利さんは1960年に阪急百貨店の完全子会社化として株式会社オアシスを設立。

翌年の1961年に1号店の高槻店を開業されます。

そして1974年には社名を株式会社阪急オアシスに変更し現在に至ります。

阪急オアシスのおすすめ商品

かんぼこ

まずおすすめする商品は、阪急オアシスで開催されている長崎フェアからのかんぼこです。

かんぼこ王国と呼ばれる長崎の蒲鉾は地元の新鮮な海の幸を使用して作られており、海を存分に満喫できる商品となっています。

長崎フェアでは毎回人気商品となっており、必見の商品です。

五島のひらまさ

次におすすめする商品は長崎県の五島列島で大切に育てられたひらまさです。

初夏が本格的な旬となるひらまさを一足先に味わうことができます。

さっぱりとしつつも脂が乗っており、ぜひお刺身として食べて欲しい、そんな商品となっています。

阪急オアシスの支払い方法に関するまとめ

ここまで阪急オアシスの支払い方法などについて紹介しました。

記事内容をまとめると下記の通りとなります。

この記事のまとめ

  • 阪急オアシスでは、QRコード決済アプリや交通系電子マネーを使うことができる
  • litta(リッタ)という独自の電子マネーがある